航空レーザー計測は、航空機に搭載したレーザースキャナーからレーザーパルスを発射し、反射して戻ってきたレーザーパルスを解析することによって地形の3次元データを取得する技術です。

計測する航空機にGPSと慣性計測装置を装備することで、航空機の位置や傾き具合に関する正確な情報を得てデータ解析を補正し、地形に関する精度の高いデータを得ることができます。また高性能のデジタルカメラも搭載して、地上の状況を画像としてとらえることで補正の精度を上げることも行われています。

使用する航空機も、広い範囲を短時間で計測したい場合は固定翼機を用いたり、山間部などの複雑な地形の計測にはヘリコプターを用いるなど、計測の目的や地形の状況に応じて使用する機材を選択して行われます。測定機器の性能にもよりますが、誤差の範囲が±15cm程度の精度で高さを測ることができます。航空レーザー計測は、レーザーパルスを発射して測量するため夜間でも計測が可能であり、航空機を用いることで広い範囲を短時間で測量することができるので、精密な地形図を効率よく作成することができます。地上からでは観測しにくい山間部や島嶼部についても測量ができるので、ダム建設や道路の新設、港湾建設など国土開発に関する基礎データに使用されることがあります。

また最近では頻発する地震や風水害などの自然災害でも、被災地の状況を航空レーザー計測することで被害状況を迅速に正確に把握でき、その後の復旧や復興の計画が立てやすくなるという活用も行われています。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *