航空レーザー計測は、レーザーを地表に照射する事で地表との距離を測る計測方法です。

レーザースキャナを使う方法とその他のGNSSやIMUという機能を使って正確に測定をする事が可能になっています。航空レーザー計測をする事によるメリットは高密度のデータを取得する事が可能です。レーザーパルスは細いながらも一定の広がりを持っていて円形であるために反射して最後に地表の至るところで反射するようになっています。レーザーパルスを上手く利用する事ができれば林では、樹上と地盤のそれぞれの高さを計測する事も可能となります。

レーザが反射した時の強度の違いも計測していますのでどんな建物によって反射したのかもある程度推測がかのうとなるのがメリットといっても良いでしょう。さらに、空中写真測量とは違って、夜間でも計測をする事が可能になっています。植物の葉も透過しているために森林などでも詳細な地形データを得る事が出来るようになります。航空レーザー計測をする事によるデメリットもあります。求めたい点をピンポイントで計測する事ができないという不具合も発生します。

照葉常緑樹は、レーザーパルスが地面まで到達しにくく、水中や地下は計測が不可能な場合があります。費用はがかかります。航空レーザー計測を実際にやった事がある人や、それに携わってた方ならば分かるかもしれませんが全く携わったことがない人にとっては、全く未知の領域といってもよいでしょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *