航空レーザー計測とは、従来の写真による測量等に比べて高精度で詳細を調べる事が可能になりました。

航空レーザーという言葉を初めて聞くという方もいるかもしれません。測量という言葉を使用しているのでなんとなく想像がついているかもしれません。航空機から照射されたレーザーが地表の座標を取得して測量をするというものです。実際にどのようにして、航空レーザー計測をしているのでしょうか。

航空レーザー測量では、レーザースキャナ、GNSS・IMUという3つの技術を利用する事によって実現しています。レーザースキャナは、飛行機の進行している方向と垂直な向きにレーザーを照射して、地表で反射して帰ってくるまでの時間差で航空機から地表までの距離を計測しているというものなのです。地上にあたっているレーザーを1㎝単位で記録して地表の高さを記録しています。

GNSS受信機はGPSだと考えてもらうとよいかもしれません。1秒ごとの航空機の位置を計測する事ができます。IMUは、慣性計測装置ともいって、航空機の姿勢や加速度を計測しています。この装置があることで、レーザースキャナで計測したものを調整する役割があります。この3つがしっかりと機能することで地上の座標を正しく求める事が可能になります。人が入っていないところでも計測できるというメリットがありますが、雨や雲により散乱・反射の影響を受けるというデメリットも航空レーザー計測にはあります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *