航空機やドローンとも呼ばれるUAVから航空レーザー計測して、広域な3Dつまり三次元地形データを取得しましょう。

地表だけでなく地盤や建物、樹木のデータも取得可能です。フィルタリングによって木の下の地形まで表現することができます。水底の水深計測も行えますし、測量船の音響測深ではできなかった岩礁付近や浅瀬の計測も行えます。航空レーザー計測によるデータを都市計画や防災、道路整備などをする際に活用してください。

河川整備やダム、道路などの新築をする際にもそのデータは大いに役立ちます。また、人が入れない所の測量を航空レーザーで行うこともできます。河川や海洋の環境の変化によって洪水など水害のリスクが高まることがあります。定期的に航空レーザー計測をした方が良いでしょう。航空レーザー計測を行っている会社がありますから依頼してください。工事現場で使う重機を輸送したい、取り扱っている物の移動に航空機を使いたい、ヘリコプターで病院に急患を搬送する必要があるなどといった場合もあるでしょう。

個人で遊覧飛行を行いたい、自主映画や動画を空撮して作りたいということも多いかもしれません。そういう場合も必要な所の計測を航空レーザー計測会社に代行してもらってください。防災に力を入れたい、文化遺産の保護や発掘をしたいという自治体なども計測を任せましょう。自治体向けのサービスを提供している会社もあります。ホームページに詳細が書かれています。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *