航空レーザー計測は、航空機にレーザー計測器を搭載し、上空からレーザーを照射して地上までの距離を断続的に測定することによって地表の起伏などを知ることができる方法です。

航空レーザー計測は、広範囲にわたって地形の状態を把握することができ、地上での計測を行う前の準備資料として使われます。また得られたデータによって過去のデータと比べることによって防災にも役立てることができるものです。

航空レーザー計測を行うためには専門に行っている業者に依頼することになります。レーザー計測器は高価なものであり、また日々進歩していますから、使用する機器によって得られるデータの精度が異なってきます。使用する航空機でも精度が異なります。使用される航空機はセスナとヘリコプターの2つの選択肢がありますが、セスナの方が効率よくデータを集めることができます。ただ費用はセスナの方が運用するのに費用がかかるため高額になりがちです。

ヘリコプターの場合には比較的限られた場所の地形を計測するのに向いています。計測で得られたデータの利用方法も航空レーザー計測を利用する前に選ぶ必要があります。得られたデータそのものは三次元情報ですが、二次元情報の地図としたり、段彩図や印影図、それらを合わせた陰影段彩図や俯瞰図を作り出すことができます。また三次元の地形データにもすることができ、それぞれの目的に応じて航空レーザー計測を依頼する必要があります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *