航空レーザー計測はいったいどのようなものでしょうか。

地表にレーザー照射してそれが反射するまでにかかる時間から地形を測るといったものです。従来の航空写真測量と違って木々や天候に影響されにくいですし、入り組んだ地形や急な斜面なども測ることができます。さらにごくわずかな形状の違いも波形解析技術によって把握することができます。航空レーザー計測する際に用いる機器やデジタルカメラ、その制御システムでは、定期点検や故障予防しなければなりません。

個人でそれを行うのは大変ですから、専門の会社に任せた方が良いでしょう。制度が高い計測をするためには機材のダウンタイムを1分でも短くする必要があります。そういった整備は素人には難しいので会社に頼んでください。自治体や官公庁は海や川、ダムなどを航空レーザー計測してそのデータを防災に役立てましょう。昨今増えている大雨をともなう台風による洪水など災害の対策をしてください。輸送を行っている会社、航空医療搬送した患者を受け入れている病院、また海洋開発をしている所も航空レーザー計測することを考えてください。

送電線などの整備事業や調査視察、機体販売をしている所にも計測をおすすめします。農林、あるいはCMや映画制作などの事業に航空レーザー計測によるデータを活かすこともできます。建設資機材や重機を輸送する際に活用する会社もあります。専門会社は事業に合った計測サービスを提供してくれます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *