航空レーザー計測ではレーザーデータで3Dデータを抽出します。

ドローンなどに小型レーザーを搭載して測ります。もちろん測ったデータから雑音をはじめエラーデータは除かれます。建物や林地などの計測に関して説明します。その地物情報はフィルタリングによって除去します。その後。地表の標高データを取得します。フィルタリングによって地表を生成する仕組みがあるところも航空レーザー計測の特徴です。航空レーザー計測の仕方についてはそのデータをメッシュ化します。そして、地表や樹冠、木々の反射の標高モデルを合成します。林地であっても測ることができるということです。

測る際に写真撮影も行うのですが、撮影後にDEMと呼ばれるデータを用いればすぐに精密オルソという写真を作ることができます。建物や林地の他に岩盤なども航空レーザー計測が可能です。山の斜面も可能です。その計測データを基に断面図等や等高線図、縦横断図を作成したり表面積算出したりすることもできますし、土量計算など体積計算を行うこともできます。写真計測とレーザー計測の違いは何でしょう。

等高線データは写真計測では大まかなものになりますが、航空レーザー計測では細かいところまで明瞭になります。その計測を代行している会社もあります。必要があれば、インターネット検索してあなたのニーズに合った計測サービスを実施している所に依頼してください。会社のサービスを紹介しているサイトもあります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *