航空レーザー計測は地形を確認する方法として現代では広く用いられており、様々な地形図を作成するために必要な情報を効率よく集めることができるとして現代では非常に重要な測量方法となっています。

レーザー光線の高い制度を利用し短時間で正確な情報を数多く集めることができるばかりでなく、そのデータの加工のしやすさにも非常に高いメリットがあるのです。

航空レーザー計測は飛行機やヘリコプターから地表に向けてレーザー光線を照射し、その反射時間や反射角を詳細に測定することで地表までの距離を測定するものですが、レーザー光線の直進性を踏まえた測定を行うため地表の状態や途中の木々などの障害物も把握できると言う点が非常に大きなメリットを持っているのです。また連続的に飛行しながら測定を行うことで連続的にこれらのデータを組み合わせて地表の形状を把握することも容易に行える点がメリットとなっています。従来の航空測量では航空写真をもとに地表の状態を推測し、複雑な場所においては実際に地表での測量を上して地形図を制作することが主流でした。しかし航空写真よる測量は人間の目視による判断が非常に大きく、その精度は非常に低いものとなる傾向があったのです。

航空レーザー計測により定量的なデータを連続的に得られることで、精度の高い測量が行えるばかりでなく、迅速に正確な測量を行うことができ効率的な地形図の作成を行うことができるのが大きなポイントとなっています。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *