航空機は自動車と異なり、路面を車輪で走行するものではなく、空中を飛び推進するため、自動車の走行距離を測定するような仕組みとは異なり、航空レーザー計測が行われます。

自動車の場合、車輪の回転により距離を測るのですが、航空機の場合着陸時のみが車輪が回転しており、離陸すると路面から車輪が離れるため、自動車のような距離の測定ができません。

航空機に搭載されたレーザーとは光波測距儀といい、光波を用いて距離を測定することが可能で、機体に搭載されたGPSと共に航空機の現在地を正確に計測することができます。航空レーザー計測は様々な側面で利用されます。地球上の地形や森林部、下層植生の把握、水面や水深などの計測が可能です。航空レーザー計測は航空機から地上に向けてレーザーを照射し、地上面等からの反射を3次元データ化することで計測する技術です。

使用される航空機(プラットフォーム)は固定翼(小型飛行機)及び回転翼(ヘリコプター)で主に用いられます。固定翼と回転翼双方には互いのメリットがあり、固定翼の場合、運行速度の速さを活かして広範囲計測が可能で数千キロ規模の計測が出来ます。一方で回転翼の場合、低速走行と水平離着陸が可能な側面を活かして、低空飛行による高密度計測が可能となります。ただし、計測費用面からすれば回転翼の方が費用が高く、コスト高となる問題があります。航空機レーザー計測は、樹木を透過するメリットがありながら降雨・降雪などの影響を受けてしまうデメリットもあります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *