航空レーザ計測というものを聞いたことがあるかもしれません。

これは3次元の点群データを取得するための技術になります。

取得しデータは防災や砂防、農業などで活用されます。都市計画や森林、河川などにも活用されています。そのサービスを提供する会社では、陸の上を測る機器だけでなく水の底も測れる機器を導入しています。空間情報の総合企業ということです。航空レーザー計測で段彩図と陰影図を合わせた地形表現をすることが可能ですし、単体の表現方法の欠点を補完することもできます。また、鳥瞰図と呼ばれる地形標高データを空から鳥が見るイメージの表現方法もあります。

地上からの反射パルスだけではなく他の反射パルスも航空レーザー計測で取得することができます。精度は非常に高いです。個人だけでなく官公庁や自治体が航空レーザー計測会社に依頼しています。例えばダムや橋などの形状を計測したい、あるいはプラントなどの新設、改修に必要な現況を計測したいという時に依頼します。鉱石や資材ヤードなどの容量の算出を代行してもらうこともあります。

貴重な埋蔵文化財や発掘調査も航空レーザー計測会社に任せればスムーズでしょう。希望すれば古墳や石室、石垣などの図化も行ってくれます。官公庁や自治体向けのサービスが充実している会社も多いですから、問い合わせてみてください。サービス会社の選び方としてはそのホームページなどに詳細が載っています。料金に関する記載もあるでしょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *