航空レーザー計測は地形を迅速に正確に測定することができる方法として注目されていますが、その用途は地形図を作成したり様々な地形の測定を行うだけではありません。

最近ではその制度を利用した様々な分野に応用されています。これまでの地形の測定は航空写真や実際に地上を自動車で走行したり、人間が測定を行い詳細に確認する方法がありましたが、これらは非常に手間がかかる上多くのデータを集めるのに膨大な時間を費やすことが必要なため、迅速に情報を得ることが非常に難しいものとなっていました。

また航空写真では詳細な地上の状況を確認することができないため、実際の地形との誤差が生まれてしまうことが多く、誤った情報となってしまうことも多かったのです。航空レーザー計測のメリットは非常に詳細に様々な地上の状態を確認することができる点にあります。

従来の航空写真による測定方法では木々が地表に存在する場合、実際の地表の高さではなく木々の高さを測定してしまうことも少なくありませんでしたが、航空レーザー計測では地表の高さと木々の高さを情報として個別に得ることができるため、以上に実際の地形に近い情報得ることができるのです。そのため航空レーザー計測を利用することで森林の木々の生育状況やその他の実際に人間が入ることのできない場所の詳細な状況を迅速に把握することができます。その情報は自然環境保護のための貴重な情報として利用されることも多く、地形の測定だけではなく地球環境の保全にも大きな役割を果たしているのです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *