航空レーザー計測とは地形表現方法である数値表層モデルにおける3次元のデータを得るための技術です。

X、Y、Zの点群データです。農業、森林、河川など様々な分野でこの技術は利用されています。砂防や道路、また都市計画などにも活用されています。活用範囲は今後も広がるでしょう。航空レーザー計測を行うビジネスオフィスがあります。測量船に設置した音響測深機という機器が出す音波が反射する時間を計算して水深を測ることができるスタッフがいるビジネスオフィスもあります。ビジネスオフィスでは地形標高データを元に標高値を分けて表現します。

地形標高データに対して光源つまり太陽の方向と高度を設定して、起伏を把握することも可能です。2つを合わせた方法もあります。他にも空から地形標高データを見るイメージの手法もありますし、固定翼や回転翼で測る方法もあります。固定翼はレーザーを1秒間に500.000回、回転翼は200.000回照射することが可能です。

また、反射が強いレーザーだけではなく反射が弱いレーザーも取得することができるため、木や建物などの形状を高精度に測る必要がある時はこの手法を使います。形状を高密度に測りたい時にも用いられます。この航空レーザー計測に関して何か分からないことがあれば、ビジネスオフィスに問い合せてください。スタッフが分かりやすく説明してくれるでしょう。料金見積もりを無料で行ってくれる所も多いです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *