航空レーザー計測はオフィスビジネスでも活用ができると言います。

オフィスビジネスでの利用はモービルマッピングです。モービルマッピングは位置データをリアルタイムで把握ができるメリットを持つものです。航空レーザー計測はいわゆる空撮であり、その空撮にはセスナ機やヘリコプター、ドローンの他にもクレーンを使った撮影手法もあり様々です。航空レーザー計測はGPSを使って位置情報を取得、レーザーの跳ね返り時間を計測して地形図を作成する時に役立てられています。

測量結果は3D(3次元)の地形データとして活用ができるので、3次元CADを使えば比較的容易に高い品質の地形図を作成することが可能になります。航空機を使って得た画像データはオフィスの中で加工が行われ、完成度が高い地形図や地図を製作することが可能になって来るなどビジネスの中でも利用度が高くなります。ヘリコプターやセスナ機などの航空機はいずれも操縦する人間が必要です。

これに対してドローンは地上で捜査をしながら上空を旋回することができるなどからも人が立ち入ることができないような危険区域での撮影も可能になって来ます。ドローンで撮影した地形図データを持ち帰りオフィスの中で加工を行う、もしくはオフィスにメールなどを使ってデータを送信してデータを製作、それをリアルタイムで情報を発信すれば災害などの時にも役立つシステムを構築できるなど様々なビジネスで活用が可能です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *