例えば木が生い茂った所に建っている古墳を3次元測量したいという場合、航空レーザー計測を行っているビジネスオフィスを利用してください。

そのビジネスオフィススタッフはヘリコプターなどにレーザーを用いる計測装置を搭載して、上空から古墳を3次元測量してくれます。木が生い茂っている所であっても地形を読み取ることが可能です。取ったデータから立体図を作成してくれるでしょう。測り方については地表面にヘリコプターからレーザーを照射して、その反射時間から測ります。レーザーは1秒間に120.000回~180.000回も照射されます。

この航空レーザー計測は驚くほど高精度です。従来の写真測量は撮影した写真による間接計測ですが、レーザー測量は直接計測です。古墳など対象物に直接レーザーを照射します。このため、非常に高精度の計測が可能です。また、河川や砂州、干潟などコントラストが少ない所や、火山の火口部などを計測することもできます。

火口部のとても複雑な形状も写真ではなくレーザーを用いれば精密に測ることができます。写真測量が難しいコントラストが少ない河川や砂州、干潟もレーザーを使えば測ることが可能です。木が密集している所もフィルタリングすれば計測可能することができま。フィルタリングとは地表の計測点だけに絞って測ることです。航空レーザー計測は素人には難しいでしょう。ネットなどでそのビジネスオフィスを探して、計測を頼んでください。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *