測量を行って地図や地形図などを製作することを中心としたビジネスを手掛けているオフィスではどのような方法で測量を行い地図などを作っているのでしょうか。

地図もエリアが広くなると測量にかかる時間が増える、時間や手間が多く掛かるなどからもオフィス内のビジネスはやっつけ仕事になる可能性も高いなどのイメージを持つ人も多いと言えましょう。最近の地図サービスは航空レーザー計測と呼ぶ、航空機を使った測量技術があるので、従来のように膨大な時間を要する、連日オフィス内では徹夜が発生するなどが少なくなっていると言います。

航空レーザー計測も一つのビジネスであり、オフィス内の効率化を図ることができるメリットを持っています。セスナ機やヘリコプター、中にはドローンを使った航空レーザー計測がありますが、いずれも上空からレーザーを照射して地形の情報を取得するのが特徴です。取得したデータは位置情報などを基にして3次元データを作成、正確な地形図を作ることが可能になると言われているわけです。

さらに、航空レーザー計測は上空からのレーザー照射によるもので、広範囲の情報を短時間で集めることも可能になります。従来は車などを使って測量現場に出向く、何日もかけて得た測量データをオフィスに持ち帰り計算を行いながら地図を製作するなどの手間が必要でした。しかし、航空レーザー計測を使うことで、従来膨大な時間を費やしていた作業がなくなる、しかも正確な地図などを作ることができるようになっています。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *