航空レーザー計測は様々な地図情報ビジネスに必要不可欠な存在です。

これは地図を始め地理空間情報の市場規模は年々拡大しており、モバイル端末の普及に伴い一般的な地図情報の需要が伸びているためです。さらにITを駆使しての地理空間情報を活用したいなど、ビジネスユース層へのニーズが高くなっているなどかあります。オフィス内の業務はパソコンを使って行う、オフィス内で調べごとを行う時にはインターネットが欠かせません。

インターネットで地図を使ってオフィスワークを行う時などもなじみの高いグーグルマップは無料で利用ができる地図サービスとしても注目が集まっています。このグーグルマップは独自に用意が行われているAPIを使うことで様々なビジネスに活用できるなどからも開発者を中心に人気が集まっているわけです。航空レーザー計測は地図や地形図を作成するための技術の一つにすぎませんが、地理空間情報の市場には欠かせない存在になっており、航空レーザー計測を専門に手掛ける企業も年々増えていると言われています。

航空レーザー計測に注目が集まっているのは正確性を持つこと、広範囲の地形情報を短時間で取得ができるなどが挙げられます。航空機の種類にはセスナ機やヘリコプターなどの他にも、危険なエリアにでも対応が可能なドローンなどもあります。それぞれメリットやデメリットがありますが、航空レーザー計測は地球上のどのような場所でも測量ができる強みがあるわけです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *