インターネットの発達で様々の通信デバイスが発達しています。

一昔前までは、インターネットの利用と言えば大型計算機か少し時代が進んでもパーソナルコンピュータで通信を行う事がほとんどであり、利用するソフトウェアもブラウザかテキストのみの電子メールでした。インターネットが劇的に発展したのは、その後の現在のスマートフォンにつながる携帯電話による利用の開始からです。ただ、最初の頃の携帯電話はまだインターネットを本格的に使うというよりは、携帯電話の付加機能としてインターネット接続が行えるという感じで、現在のフリーメールやプロバイダメールの様なものが発達していませんでしたので携帯電話会社が提供する簡易な電子メールが提供されていました。

現在はショートメッセージサービスSMSと呼ばれるこの電子メールは、テキストのみが使える簡易なものですが、携帯電話があれば使えるという簡便さと利用料金の安さから現在でも使用されています。このSMSでは、先程も述べました様に、テキストのみしか送信できないという不便さがあるために規格が拡張されています。

幾つかの途中経過を経た拡張されたメッセージサービスは、マルチメディアメッセージングサービスMMSと呼ばれます。MMSではSMSで送受信できなかった画像や音やビデオ、文字装飾を施したリッチテキストを含んだメールを利用する事ができるようになりました。この様にMMSはSMSに比べ高度な情報を送受信するので、料金はSMSよりは少し高くなりますが、SMSのメリットである携帯電話自体から携帯電話のアドレスでメールの送受信ができる担保されています。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *