SMSとMMSはセットで表記されることが多く何が違うのかわからない人が多いと思います。

SMSの歴史は意外に古く、旧DDIセルラーが1996年に開始しNTTドコモが1997年に携帯電話のキャリアとして最初にショートメールというサービスしたことで広まりました。電話番号が分かれば相手にメッセージを送れる便利な機能でしたが、異なる携帯電話会社の端末にはメッセージを送ることが出来ないので使用範囲は限られていました。しかし、今では携帯電話会社がお互いに協力して相手の電話番号が分かれば何も気にせずにメッセージを送ることが出来るようになり、アプリをインストールする必要がないのでスマホを使っている人にも同じように送れます。

一方MMSはマルチメディアメッセージングサービスのことです。MMSはメールアドレスが分かれば誰にでもメッセージを送ることが出来るので携帯電話のみならずパソコンにも送れるようになります。更に、MMSはネットワークが許す限り容量が無制限なので大量のテキストや高画質な写真、動画を送ることが出来るのが特徴でスマホの普及とともに利用者が増えています。

MVNOの利用を考えている人は注意が必要です。格安SIMに変更するのを躊躇している人の多くはMMSを利用できなくなり仕事や家族とのやり取りが出来なくなることを挙げています。しかし、一部のMVNOではメールアドレスを提供してくれるところもあるのでそちらを利用するのをお勧めします。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *