空撮とは空中からカメラで撮影を行う事です。

少し前であればヘリコプターや航空機等で空中から下界の様子を撮影していました。現在はそれをドローンで行います。ドローンとは無人の飛行機の事を指し、現在では趣味として楽しむ人もたくさんいるのです。「空撮をしてみたいけれどドローンには法律があるから」といって遠慮する人がいます。そういった心配をされている方に朗報です。200グラム以下のトイドローンであれば法律が適用されないのです。

そのためゆっくりと趣味としての空撮を楽しむ事が出来ます。2015年に改正航空法によってドローンには法規制が入りました。その法律に基づくところでは重量200グラム以上のドローンを飛ばす際に事前の申請が必要となります。趣味で楽しむ範囲であれば200グラム以下の機械を購入するのが良いでしょう。現在はいろいろなドローンが発売されていますが、購入する際に重要視したいポイントは「バッテリーの保ちの良さ」でしょう。

長い時間空撮を楽しむには充電のエネルギーが欠かせません。予備バッテリーがあれば尚のこと安心です。大抵のドローンの場合一度の連続稼働時間は5分から10分程度といわれています。長く遊びたいと考えるなら複数のバッテリーを用意すべきでしょう。現在はドローン所有者が集まって飛ばしあいをしたり、競争レースを行う楽しみ方があります。機体の重さが200グラム以下であることと、バッテリーの予備などをきちんと用意する事をおさえればすぐにでも空撮を楽しむ事が出来るのです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *