空撮と言うとヘリコプターなどを使って、専属のパイロットやカメラマンがついてようやく行えるものと言うイメージが強く、テレビ局などの業務的な目的で使っていることが多いと言うイメージがありますが、今や空撮はドローンを利用して、比較的誰でも楽しめるようなものになってきています。

また、業務的な利用においても、以前はクレーンカメラを使っての高所からの撮影だったものが、ドローンを飛ばすだけで済むことになり大幅なコストの削減につなげることができます。ドローンの価格帯は比較的幅が広いですが、多くのドローンは数万円程度で購入することができます。これにカメラを取り付けることで誰でも空撮ができるようになります。カメラが既に備え付けられているタイプのものもあるので、こちらも要チェックです。

国宝や道路交通法により、都市部での撮影は厳しいですが、大自然が広がる公園や山岳地帯のダイナミックな光景の撮影にはドローンが最も適しています。4K画質で撮影できるカメラも多く、撮影クオリティーは非常に高いものになっています。そしてドローンの操縦には、免許等の資格は一切必要ありません。

メーカーで対象年齢を18歳以上に定めている商品も多いですが、実際は誰でもドローンを操縦して空撮を楽しむことができます。記念撮影などにも空撮がおすすめです。結婚式等の晴れの舞台において、広々とした屋外で大勢の人に囲まれながら記念写真を撮ると非常に魅力的な写真に仕上がるでしょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *