趣味でエキサイティングなレースを楽しんだり、本格的な空撮もできるドローンの人気が高まっています。

多くの種類があり、レースのための小型のモデルから空撮に適したモデルまで、その目的に応じて様々なドローンが市販されるようになりました。中でもカメラを搭載した空撮ドローンは写真や動画などの撮影が可能な安定したフライト機能をもつのが特徴です。上空から撮影した広大な景色や人物へのアプローチも自在にできるように通信距離が長く、小回りも効くので日常風景の撮影にも活躍します。ドローンが出現したことによりかつては莫大な費用と時間がかかっていた上空からの撮影が、個人でも楽しめるくらい身近なものになったのは確かです。

ただしドローンを使った撮影をする、すなわちドローンを飛行させるためには事前にチェックしておかなければならない事があります。例えば屋外でのフライトには国土交通省に飛行申請をすることが必要となる場合があり、許可が下りなければドローンを飛ばすことはできません。

そして許可を受ける事が出来ても周辺住民や土地建物の所有者、自治体などへの告知が必要になることもあるため、のちのちのトラブルにならないようにするためにもマナーやプライバシーへの配慮は絶対に必要です。現在では多種多様なドローンが市販されるようになり、手ごろな価格で手に入るものも少なくありません。今までは大掛かりな設備でプロに依頼しなければ撮影できなかったダイナミックな画像や映像が、個人でも比較的手軽に楽しめるようになったことは画期的な映像技術の進歩といえます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *