ドローンを使って空撮をしたいという場合に、無許可で執り行うことはできません。

法律や条例により、飛行可能な条件が規定されているからです。そのため、空撮を行う上で、事前に気をつけておくべきことが大きくわけて3点ほどあります。まず、使用したい場所が飛行可能な区域かどうかを調べることです。これを調べておかないと、法律や条例に違反してしまう可能性があります。自治体がどのような条件を定めているか、また、法律の文言に引っかかっていないかを確認しておきましょう。

次に、近くに人口密集区域や国の重要な建築物、米軍や自衛隊などの施設がないかどうかを確認しておきましょう。こうした場所でドローンを使ってしまうと、事故の原因になる可能性が高いので、事前に避けておくのが最善の選択になります。最後に、技術的な練習を十分に積んでおくことです。いくら良い機材を揃えていて、周りの迷惑にならないような場所を選んでいたとしても、空撮によってより良い映像や写真などを残すためには、練習をしておくことが必要になります。

周囲に迷惑がかからない場所を利用して練習をおこなってみたり、ドローンを使った講習会などに参加したりして、技術を向上させておくことが大切になるでしょう。これらのことに気をつけた上で、ドローンによる空撮を楽しむことをお勧めします。規則等で疑問がある場合には国や自治体などに問い合わせて疑問点を解消しておくと良いでしょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *