空撮とはドラマや映画などで迫力のある映像を撮影する方法として、空中を撮影する行為です。

以前は航空機などの使用が必要でかつ操縦士などが必要で、レンタルであっても費用が高くつき、素人が手を出しにくいジャンルになっていました。具体的には小型のプロペラ機やヘリコプターであったりクレーン撮影といった方法で、航空機はかなり高度の撮影が可能だが価格が高く、クレーンは安定して撮影ができる代わりに動きのある映像を撮る事ができないといったデメリットがありました。

しかし近年では技術進歩によりカメラが小型化されており、それにプラスしてラジコン航空機の低価格化し更には安価なドローンの登場によって、操縦が容易でかつ安価で空撮を行う事が可能になりました。特にドローンが登場してからのものは、災害が発生した場合の被害状況を調べる点で有名になっています。これらは被災によって人が立ち入る事ができない地域でも、ドローンを利用する事で災害の状態であったり規模を把握する事が出来るため、その有効さが証明されました。

また映像の高解像度化が進んできており、同時にブレや揺れのすくない映像のものへと変化しています。ドローン機体やカメラの性能の成長によって、空撮の映像は珍しいものではなくなってきました。気軽に撮影する事が出来るので、コスプレをして街を疾走している様子を空撮映像して動画をインターネットで公開する利用者も増えている状況です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *