日本国内でもドローン撮影の技術が浸透してきており、最新鋭の方法ながらもリーズナブルな値段で揃えられます。

すでにドローン空撮を請け負う専門の会社が各地に設けられています。ひと昔前は空撮と言えば、飛行機でする特殊な映像撮影の方法でした。マイカーと比べて飛行機は特殊な乗り物であり、当然特別なスキルと経験が要ります。そのため、空撮をひと昔前、依頼するとパイロットの人件費だけでも多くのコストが必要でした。一方でドローンはスタッフの人件費があまり掛かりません。

同様に特殊な訓練を受けた経験や安全管理や飛行に関する特別なスキルは不可欠ですが、スペシャリストが一人いれば空撮が充分可能です。また飛行機やヘリコプターを用いた空撮の場合、コストを膨らませるのが燃料費です。マイカーのそれよりも非常に値段が高く、僅かな時間、空中に滞在するだけでも膨大な燃料費がかかります。短時間で目的の映像が取れればOKですが、運悪く強風や天候不順に見舞われると、取り直しになり、そのたびに燃料費が掛かるのが難点です。

ドローンであれば、そもそも専門的な燃料が不要であり、僅かなランニングコストが掛かる程度です。本体のサイズはとてもコンパクトであり、飛行機等が飛べないエリアでも飛行可能です。空中での自由度が高く、高さや角度のコントロールがとても楽に出来ます。そのため今までは接写で撮影出来なかった被写体が記録できたり、肉眼では死角になる角度もドローンの目なら確実にチェック出来るのです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *