以前は、空撮といえばヘリコプターやセスナーに乗って撮影する方法でしたが、今はドローンを利用することが多くなりました。

ヘリコプターを利用しての撮影になりますと、チャーター代にパイロットの人件費もかかり高額な費用が要してしまいます。ドローンの普及によって費用も安くすみ、一般人でも気軽に空撮ができるようになりました。ネット上で、個人が撮影した空撮の映像が多数見られ、ドローンの広がりが分かります。地上で撮影する映像は、平面的で対象物同士の位置関係を伝えることは難しいものですが、空撮なら建造物や山などによって視界がさえぎられることがないため伝えやすいのです。

そのため広大な敷地を要しているゴルフ場や遊園地などでは、位置関係だけでなく現状の把握や設計など幅広く活用されています。ドローンの出現によって、ヘリコプターなどで撮影が無理だった空域や放射能などの立ち入り困難な区域での調査も可能になり大いに社会の役にたっているのです。一方で免許も不要ですから誰でも上空を飛ばし撮影することができるため、問題も生じています。

そのため規制が設けられていますので、これに従っての操縦をしなければなりません。規制としては、空港や民家の密集地域で飛ばすことが禁止されています。また、夜間や目視できない距離での操作や危険物の輸送や物を落下させる行為なども認められていません。最新の規則の中には、人混みの上では飛ばさないという項目も盛り込まれるようになりました。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *