空撮は文字通りに空から撮影をすることを意味します。

空から撮影をする場合にはいろんな方法がありますが、従来はヘリコプターを上空へ飛ばして、機内からカメラマンが身を乗り出して撮影するスタイルが一般的でした。そのスタイルの空撮は今でも使われてはいますが、この場合の欠点は非常に多額のお金がかかること、そして機内に乗り込んでいる人間の安全確保が課題です。多額の費用と乗り込んでいる人間の安全確保が課題になるうえに、莫大な騒音と風の発生も懸念されます。これらの問題を解決する方法の1つは無人ヘリを利用することです。無人ヘリはマルチコプターとも呼ばれます。

マルチコプターは有人ヘリコプターに比べると遥かに小さくて人間も乗らないので、安くて安全を確保できますが、エンジンで稼働するので騒音対策までは至りません。しかし技術の進化で空撮にも時代の変化が到来します。それはドローンを使用するやり方です。ドローンはエンジンを使わずバッテリーを使用して飛行します。ドローンは無人で小型になっていて、1人でも持ち運び可能なくらいのサイズです。さらに操縦免許も要らず、飛行中の騒音や風の発生もほとんどない利点があります。これらの数多くのメリットを生かして、従来の有人ヘリコプターや無人マルチコプターでは実現できない場所の撮影も可能になりました。

しかしドローンが普及し始めた初期の段階では空撮で周辺建物や住民に対してのトラブルが発生したため、現在では法規制が施行されて、飛行禁止エリアや時間帯ができたりなどしています。従ってドローンでの空撮をする場合には飛行可能なエリアと時間帯を調べて飛ばさないとなりません。ちなみにドローンでの撮影をする業者も今では複数存在中です。その場合の連続飛行はドローンの大きさにもよりますが、約20分前後な場合もあります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *