近年、趣味として空撮を楽しむ人が増えています。

空撮とは、空中から撮影を行う事で主にドローンという無人航空機を使用するものです。ドローンを使用する事で、空撮映像はより身近で迫力のあるものになりました。被写体を様々な角度から撮影出来ますし、ジンバルという防振装置を用いる事でカメラのブレを防止する事が可能です。持ち運びやセッティングも非常に簡単なので、気軽に趣味として楽しむ事が出来ます。空撮を行うには、ドローン本体が必要です。

ドローンには様々な種類があり、価格帯も1万円程度から揃っています。カメラなどに高性能を求めるのであれば、重量がそれなりに必要となりますから、ヘキサやオクトと呼ばれている羽根の数が多いドローンがお勧めです。他にもGPS機能搭載のものや、高度センサーが搭載されているものなど様々な種類のドローンが発売されています。空撮を実施する際には、必ず予備電源バッテリーなどのパーツを豊富に用意しておきましょう。

ドローンは高性能ですが、その飛行時間は長くはありません。そのため、長く稼働させたい場合には予備のバッテリーが必要です。また、初心者の内はドローンを操作している際に、うっかりものにぶつけてしまう事があります。羽根が一枚でも無くなると飛行を楽しむ事が出来ません。そのため、初心者の内は羽根にカバーを装着しておく事をお勧めします。ドローン購入の際はこういったオプションパーツが充実しているかどうかも、調べておくと良いでしょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *