テレビで放送される空からの映像は、現在ほとんどがドローンによる空撮のものになりつつあります。

この空撮は、実は誰でも楽しむ事が出来る趣味として、幅広い年代の人に親しまれているのです。ドローンは非常に小回りが利きやすく、被写体に自由にアプローチする事が可能です。そのためダイナミックな映像を撮影するのに向いています。様々な角度やアングルからの空撮が可能となったので、見せ方にもいろいろな工夫を設ける事が出来るのです。さらに持ち運びが従来のカメラなどの機材に比べて、比較的楽である点もメリットとしてあげられます。

セッティングもバッテリーを装着して飛ばすだけなので、非常に簡単です。空撮はこのように、自由に楽しむ事が出来ますが気をつけなければならない点もあります。それはバッテリーの問題です。ドローンは高性能ですが、そのぶん電力の消耗が激しい傾向があります。そのためバッテリーは常に余裕を持って用意しておく必要があるのです。

近年はドローンの飛行競争などを行う団体もありますから、レースなどを楽しむのであればなおさらバッテリーは死活問題となるでしょう。加えて、強風や悪天候の場合はフライトさせる事は出来ません。無理に飛ばすとドローンが破損する可能性があります。こういった諸問題がどうしても発生する事を踏まえて、空撮を楽しみましょう。現在は低価格でありながら性能の良いドローンも発売されるようになりましたので、いろんな人が楽しむ事が出来ます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *