ドローンによる空撮は、現在非常に人気のある趣味のひとつです。

ドローンを操縦するために、特別な資格が必要という事は決してありません。法律を遵守すれば、誰でも空撮を自由に楽しむ事が出来るのです。2015年の改正航空法によって「バッテリーを含めた機体重量が200グラムを超えるドローン」は、事前に許可申請が必要という事になりました。つまり、200グラム以下のドローンであれば、許可申請の必要なく空撮を楽しむ事が可能なのです。

加えて、2018年には200グラム以上のドローンであっても、オンラインで許可申請を行う事が可能になりました。もちろん申請料などは一切かかりませんから、安心して申請を行う事が出来ます。時間がかかるのが面倒、手間がかかるのが嫌という場合は、申請を代行してくれるサービスも存在していますので、空撮を楽しむ窓口はかなり拡大されたのです。空撮に興味があるなら、大手家電量販店などでまずは実際にドローンを見てみましょう。

多くのドローンが販売されていますが、自分がどういった目的でドローンを飛ばしたいのかをはっきりさせる事が大切です。カメラの性能にこだわるのか、あくまで軽量である事を大切にしたいのかなどによって、購入するドローンは異なってきます。リアルタイム撮影が得意というものもあれば、静止画のみの対応という場合もあるのです。現在は様々な種類が発売されているので、使用用途や目的を決めていないと迷いがちです。目的をしっかりと決めて、満足のいくドローンを購入しましょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *