欧米諸国に比べて新しい技術がスムーズに浸透しないのが日本社会の難点です。

しかしドローンに関しては良い意味で、例外的な存在です。非常に革新的な新技術にも関わらず、社会的に認められ、すでに国民生活を支えるツールになっています。テレビ番組でもドローンが撮影した空撮映像はよく見かけるものです。バラエティー番組からテレビドラマ、ニュースやドキュメンタリーまで幅広い分野で活躍しています。アーティストのプロモーションビデオや企業がネットに投稿する販売促進用のCMなどでも、ドローン空撮の映像はよく使われ始めているのです。

ドローンを活用した空撮の長所ですが、最も大きいのは費用対効果に優れているところです。飛行機やヘリコプターは燃料費と人件費が非常に高くなります。短時間の飛行でも、まとまった費用が必須であり、事前の申請が複雑であったりと気軽に企業や個人が使えるサービスではありません。一方でドローンは小型の製品であり、人件費や空撮に掛かる費用がとてもリーズナブルです。

潤沢な資金を準備する事が難しい中小企業や地方の自治体、そして個人経営者の方々でもドローン空撮なら、コストパフォーマンスの観点から充分検討出来ます。飛行機やヘリでは撮影する事が出来ない、印象的なアングルや独創的な画像、見る人に感激を与えられる美しい絶景が記録出来るのもドローン技術の長所です。ゆったりとスローペースで飛行する事が出来るので、狙ったアングルを撮影したい距離で的確に記録出来ますので、リーズナブルな料金ながらも仕上がりは既存の撮影方法よりもむしろ格段に良くなるのです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *