空から映像を撮影する空撮は、今では多くの人が趣味として楽しんでいます。

空撮を可能にしたのは無人航空機・ドローンです。ドローンは小回りが利き、被写体に対して様々な角度やアングルで接近する事が出来ます。そのため、今までにないダイナミックな映像を撮影する事が出来るのです。それまでは空撮は、セスナ機やヘリコプターで空を飛び、カメラマンが空から撮影するという手間がかかる方法でした。ですがドローンであれば、そのような手間はかかりません。撮影ポイントまで行き、ドローンをその場で組み立てて飛ばす事で映像を撮影する事が出来ます。

ドローンは一見操作が難しいようですが、そのような事はありません。2015年に改正航空法によって「バッテリーを含めた機体重量が200グラムを超えるドローン」については事前に飛行の許可申請が必要となりますが、200グラム以下のドローンであればいつでも飛ばす事が可能なのです。加えて、ドローンの許可申請の方法も以前よりかなり便利なものとなりました。

2018年には、オンライン申請が可能になったので誰でも安心して許可申請を行う事が出来るようになったのです。不明な点があれば、国土交通省の「無人航空機ヘルプデスク」にまで電話で問い合わせる事が出来ます。ドローン関係の資格を取得すれば、一部の申請が簡略化されるので資格を取得する事もお勧めです。このように空撮は今では気軽に楽しむ事が出来る趣味となりました。興味がある場合は、一度ドローンの販売店などで実機を見てみましょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *