趣味として空撮を楽しむ人が増えています。

空撮は、文字通り空中から撮影を行う事です。これらはドローンという無人航空機を使用して、行われています。ドローンはバッテリーで動くタイプのものが多く、長い時間の飛行には向いていません。ですが持ち運びやセッティングは非常に簡単です。加えて、被写体に対していろいろな角度、アングルで接近する事が出来ます。今まででは撮影する事が出来なかったものでも、ドローンを飛ばす事で美しい空撮映像としてとらえる事が可能になりました。そのため、多くの人がこのドローンを飛ばす趣味を楽しんでいるのです。

もちろん、強風の時や悪天候などの場合にはフライトさせる事は難しいですし、遠隔操作となりますから、緻密な動きは難しい部分があります。ですが気軽に、高解像度の映像が撮影できることや、実際に自分で無人航空機を操縦するという事に、楽しみを見出す人が多いのです。空撮がメジャー化しているため、ドローンも以前より多くの種類が発売されるようになりました。マルチコプター型や、水中型というのも存在します。

価格帯も広がり、手頃な価格のトイドローンと呼ばれるものから、高性能・高機能の製品まで用意されています。もしドローンを購入する際には、使用用途と目的をはっきりさせる事が大切です。静止画か動画か、リアルタイム撮影が必要なのかなどによって、選択するドローンの種類は異なってきます。メーカーによってはアフターサービスが用意されている場合もあるので、サービスの有無なども検討材料となるでしょう。
3

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *