MMSは、モービルマッピングシステムのことであり自動車にカメラ・3次元スキャナ・GPSを搭載して走行することで道路上の障害や建物・標識・ガードレールなどの装備を点検するために開発されたシステムです。

ドットによる3次元座標データとカメラによる詳細な画像を照らし合わせて、GPSによる位置情報で起きている現象を正確に確認することができます。場所を特定してより詳細なデータを取得することもできるのです。今後のモータリゼーションの活躍には欠かせないシステムだと言えます。走行データを多くの分野で活用できるのが特徴になります。

従来通行を止めて道路整備をしていたのが、車を走らせるだけでより詳細なデータを取得できるます。道路インフラは、全国で老朽化が目立ち、橋脚や周辺設備が修理を必要としています。MMSを利用することで、早期に修繕すべき箇所を見つけて大きな事故につながらないようにすることができます。

MMSは、それだけではなくてレーザー光線を使用して棄損の程度を判別できるので段階的に予定を立てて修理スケジュールを決めることもできます。カーナビゲーションシステムと3次元座標軸を使って、詳細な道路全体の構造をとらえることで、今後導入が予定されている自動運転車が走行するルートとしてMMSで得た情報が活用できることが期待されています。道路点検をしていた人員を他の分野に回すことができるので、道路整備に費やす時間とコストダウンが可能になります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *