空撮の特長は周辺一帯を一度に撮影出来る点であり、地上からでは分からない問題に気付けるところです。

肉眼だけでは確認出来る問題に限りがあり、特に人が簡単に足を踏み入れられない険しい場所だと、ドローンを飛ばした方が正解です。険しい山々や危険が多い森林や湿地帯や谷、こういった場所にスタッフを派遣すれば、高確率でトラブルが起きます。手つかずの自然環境が残る地域では、飛行機やヘリコプターといった乗り物が飛行出来ません。一方でボディがコンパクトで小回りが利く、ドローンであれば自由自在に空撮作業が進められます。

人の目では見られない角度、高さや距離で気になる部分を的確に記録出来ます。高解像度のビデオカメラを搭載したドローンであれば、より鮮明に空撮映像が記録でき、災害復旧や災害対策を考えるテキストやPRビデオに使える素材となるでしょう。ドローン空撮の技術は既に建築や不動産、建物メンテナンスの現場でも利用されています。建物の老朽化を調べたり、屋根や壁の劣化具合を確認したり、人の目では確認し難い高所の様子をチェックしたりと、既に大活躍しているのです。

梯子で登れない場所、あるいは作業に大きな危険が伴う立地条件でも、ドローンであれば問題がありません。壁や屋根に接近して、問題箇所を接写で記録可能です。人の目もまた優れた観察力を持っていますが、ドローン空撮の映像は誰にでも伝わる客観的なものであり、スタッフ間で問題意識を共有したりクライアントに説明する際に大変役立ちます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *