空撮は現在どんどん身近なものになりつつあります。

これは、やはり小型無人飛行機であるドローンの誕生が大きいでしょう。ドローンが誕生する以前は、空撮といったらヘリコプターやセスナ機を使ってやる以外には方法がありませんでした。しかし、これらで空撮をするとコストが高くなるのがまず一番のネックでした。条件によっては1回の撮影で数十万円もかかってしまうこともあり、費用対効果を考えると、そう簡単に手が出ない手法だったといわざるをえません。

しかし、ドローンを使っての撮影ならば、10万円もあれば十分に撮影を行なうことができるでしょう。さらに、動画を作成・公開することが簡単にできるようになったことも、空撮が勃興する要因になっているといえます。空からの撮影同様、動画制作というのもちょっと前までは非常にハードルが高いものでしたが、現在では一個人でもスマートフォンなどを使って動画を作れてしまいますし、インターネットの動画共有サイトに動画をアップロードして公開することも容易にできてしまう時代になりました。

空撮動画を作れば、非常にインパクトがあり、なおかつ分かりやすい映像を作ることができます。地上からの映像では、どうしても建物などの位置関係は分かりづらいのですが、空から撮影してやれば一発で視聴者に位置関係を理解させることができるでしょう。また、ドローンは地面スレスレまで肉迫したりもできますから、ヘリコプターなどでは不可能だったような撮影もできてしまいます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *