ドローン空撮の市場規模は年々広がっており、今後もますます右肩上がりになっていくと予想されています。

登場した当初は、たんなるヘリコプターのオモチャとして扱われていましたが、その安定した飛行性能から、さまざまな産業の場でも活用されるようになってきており、この傾向は今後も加速していくでしょう。特に不動産・建築業界などでドローン空撮を活用する動きが活発です。例えば、建築物の点検などでドローンが活用されています。

従来では、高い場所などを点検するためには、梯子をかけたり足場を組み上げたりしなければいけませんでしたが、ドローン空撮ならそんなことをしなくても点検できますから、コストを抑えられますし、さらにスタッフも高所での危険な作業をしなくて済みます。不動産のPRにもドローン空撮は威力を発揮しています。どんなに言葉を尽くしても、やはり空からの動画を見せてあげる説得力にはかないません。

建物がどんな感じなのか、どんな立地条件なのか、空撮映像なら相手に一瞬で理解させることができるでしょう。このようなPR動画を積極的に活用していくことで、不動産の成約率アップにつなげていくことも不可能ではありません。自治体などの町興しにもどんどん使われています。雄大な自然を体験できる映像を作るには、やはり空から撮影するのが一番効果があるでしょう。山や海や川や歴史的建造物などの観光資源をアピールするためには、ドローンによる撮影がベストです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *